Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Repsol Honda Team

マルケス兄弟が地元でモトクロスを再開

3月11日以来となるバイクに乗り込み、7月中旬のシーズン再開に向けて始動。

レプソル・ホンダ・チームマルク・マルケスアレックス・マルケスは19日、外出規制の緩和により、所在地のセルベラから約35キロに位置するモトクロストラックを訪れ、3月14日に発令された警戒事態後、初めてバイクを利用したトレーニングを実施した。

約2か月ぶりの走行となった兄マルクは、「正直なところ、バイクを使用したトレーニングに戻るのは少し不思議だったけど、全ての筋肉と心が再び全てを覚え始めたので最高の気分だった。もう一度バイクに乗れたのは本当にナイス。少しずつ通常の生活に戻っている。これが大切。」

7月中旬のデビュー戦に向けて再始動した弟アレックスは、「通常のトレーニングに戻れたことは最高。モトクロスにもう一度乗れたことは本当に喜び。これが僕の情熱。とても楽しいから、もう一度乗れたことは特別なんだ。僕たちの生活にバイクが必要で、ほんの僅かな時間だったけど、普通の状態に戻った。」

「不運にも世界は、まだ普通の状態に戻っていない。僕たちライダーも全ての人たちと同じように、この状況に適応しなければいけない。今日のような1日がもっと多く得られることを願う」と、会心の笑みで久々のモトクロスを喜んだ。

マルケス兄弟のモトクロストレーニング

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。