Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Ducati Team

「懸命にリハビリをしたから、すごく良い感じ」

来季の去就が未定のまま、02年鈴鹿のデビューから連続出走314戦目の記録に挑戦。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、6月28日に参戦許可を得て出走したモトクロスレースで左鎖骨を骨折。イタリア・モデナ市内の病院で手術を受け、48時間後にリハビリを開始。

昨年の4位が最高蜂クラスでの最高位だったヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで開催される第2戦スペインGP直前のオフィシャルテストで回復具合を確認する。

「全てのライダーたちが待っていたときがようやく来た。チャンピオンシップが復活する。これは誰にとっても素晴らしいニュースだ。」

「鎖骨の手術を受けた後、ヘレスでのレースに向けて可能な限り準備を整えるためにリハビリに取り組んだ。すごく良い感じ。ポジティブな感触があるけど、デスモセディチGPに乗るまでは、どこまで回復しているのか正確には分からない。」

「ヘレスの猛暑に適応する必要があり、非常に短い開催日程に対して、嘗てないほどの一貫性が要求される。ほとんどミスは許されない。いずれにせよ、僕が望むのはチームとの再会とレース。アクションを始めよう!」

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの最高蜂クラス写真撮影会から最終戦バレンシアGPの決勝レース共同記者会見まで、全戦を完全網羅の生中継で配信。