Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「予選で正しいフィーリングがなかったけど、ペースが良い」

レースシミュレーションのフリー走行4で1分38秒台を最多の11回記録。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第2戦スペインGPの公式予選でポールポジションタイムから0.969秒差の10番手。明日の決勝レースを4列目から迎える。

1日目は総合12番手。2日目はフリー走行3で7番手。フリー走行4では、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分38秒台を最多の11回記録して、0.410秒差の6番手だった。

「今日できる最大のことを達成したと思う。予選で正しいフィーリングがなかった。午前のプラクティスセッションは良かったけど、予選はそうでなかった。時々、トラックコンディションの変化やタイヤの違いフィーリングが変わってしまう。」

「重要なのは、レースに向けてペースが良いこと。明日に向けて進歩すべきことが分かっている。問題はフロントエンド。トラックの一部でプッシュすることができなかったけど、明日に向けては良いと思う」と、上位進出に自信を見せた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。