Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「2週連続開催で解決策を見つけられるかも」

リタイアの原因は、ダッシュボードから警告を知らせるレッドアラームの表示。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、キャリア通算25年目、最高蜂クラス21年目のシーズンスタートとなった第2戦スペインGPの決勝レースで9番グリッドから19ラップ目にリタイア。最高蜂クラス1年目の2000年以来となる0ポイント発進となった。

「リアタイヤの高温にひどく苦しんだ厳しい週末となってしまった。リアタイヤを正しく作動することができなかったようだ。」

「レースは最初から速くなかった。表彰台を争うグループと同じリズムがなく、数ラップ後にはリアタイヤの問題が発生してしまったから、グリップとパフォーマンスを大きく失ってしまった。その後に不運にもバイクの問題が出てしまった。ストレートでレッドアラームが出てしまい、リタイアを余儀なくした。」

「2週連続して、ここヘレスで走ることになる。ある観点から見れば、非常に奇妙だけど、別の観点からみれば、データを収集でき、ものごとを改善して、解決策を見つけられるかもしれない。」

「マルケスにとって悪い時期の悪いアクシデントになってしまった。ビックなハイサイドだった。回復を祈る」と、戦列を離れた理由を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

バレンティーノ・ロッシがリタイアした理由は?

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースをオンデマンドで配信。