Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Pramac Racing

「今後の改善に向けて何が必要なのか分かった」

スタートから表彰台争いに挑戦し、最高蜂クラスに参戦してから緒戦での最高位を獲得。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、最高蜂クラス6年目、ドゥカティから3年目のシーズンスタートとなった第2戦スペインGPの決勝レースで5番グリッドから4位。

昨年15番グリッドから転倒リタイアを喫したヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで、軽量級のタイトル争いを繰り広げた2014年以来となる自己最高位タイを獲得した。

「もし昨年と比較すれば、全体的にとても良いレースとなった。最も重要だったことは完走したこと。バイクはグレート。フィーリングは良かった。タイヤを上手くマネージメントでき、今後の改善に向けて何が必要なのか分かった。4位で終われるように、ハッキリしたアイデアを持って戻って来よう」と、好発進した緒戦を振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースをオンデマンドで配信。