Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Ducati Team

体調不良に耐えたペトルッチがシングルフィニッシュ

オイル漏れの原因のハードクラッシュが大きく影響した中、25周を走りきって9位完走。

ドゥカティ・チームダニロ・ペトルッチは、シーズンスタート直前のオフィシャルテストで転倒を喫した際に首を負傷。痛みに耐えながら週末に挑み、第2戦スペインGPの決勝レースでは、12番グリッドから9位で完走した。

「本当に厳しいグランプリとなってしまった。首の痛みに加えて、お腹の調子が悪くて苦しかった。間違いなく、鎮痛剤が原因だろう。これ以上のことはできない状態だった。レース中はなんとか耐えて、トップ10でフィニッシュすることができた。」

「次戦に向けて、体調が100%回復することを願う。僕は自信がある。他のドゥカティ勢と一緒に走ることができ、トップ5を争えるだけのポテンシャルがあると思う」と、厳しい週末となったことを説明し、第3戦アンダルシアGPへの期待を語った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースをオンデマンドで配信。