Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「次戦に向けて、もう少し見つけないと」

昨年の課題だったスタートダッシュを決めて、3年ぶりとなる表彰台発進に成功。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、最高蜂クラス6年目、ヤマハから4年目のシーズンスタートとなった第2戦スペインGPの決勝レースで、2番グリッドから2位。ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトでは2年連続の表彰台、緒戦では2017年以来となる表彰台発進を決めた。

「スタートと序盤の数ラップがすごく嬉しい。トップに立ち、逃げることにトライした。今すぐに金曜になればいいのに。このトラックで次ぎのステップに向けて仕事がしたい。」

「最初にフロントを失ったとき、特にタイヤのエッジとの旅が始まった。バイクを旋回させることができなかった。これは改善が必要なポイントだ。もしかしたら、フロントのソフトタイヤは最善の選択ではなかったかもしれないけど、2位を持ち帰れたことが最も重要なことだ。」

「20ポイントを稼ぎ、ここヘレスで2戦目が控えている。グッドなポテンシャルがあると思う。良い仕事をすれば、再びトップに向けてファイトができるだろう。チームのみんなは週末を通じて良い仕事をしてくれた。このレースで表彰台を獲得することが非常に重要だったけど、次戦に向けて、もう少し何かを見つける必要がある。今週末のパフォーマンスを参考にして、いつものように僕たち自身を改善にトライしよう。」

「酷いクラッシュだったマルクの回復を願う。次戦にもう一度闘えることを期待する。ファビオを祝福したい。初優勝は容易なことではないけど、上手くコントロールしていた」と、表彰台発進を振り返り、マルク・マルケスとファビオ・クアルタラロにメッセージを送った。

「僕たちはもっと良くなるだろう」

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースをオンデマンドで配信。