Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Hublot Reale Avintia Racing

「ドゥカティの助言に耳を傾けて、フィーリングを改善」

可能性があるファクトリーチームへの昇格を視野に、1年落ちのドゥカティ機で11位完走。

ウブロ・レアーレ・アビンティア・レーシングヨハン・ザルコは、事前のオフィシャルテストで総合12番手だった後、最高蜂クラス4年目のシーズンスタートとなった第2戦スペインGPの決勝レースで、18番グリッドから11位。新天地からのデビュー戦で5ポントを稼いだ。

「(昨年11月の第17戦オーストラリアGP以来)約9か月ぶりとなる完走が嬉しい。これはステップ・バイ・ステップで高いレベルに戻れることを意味する。レース中に沢山のことを理解でき、ベストなフィーリングとベストなペースを見つけるために、ドゥカティに要求することが沢山ある。」

「もっと速く走れることを期待していたけど、38秒台に乗せることが難しかった。39秒台では、前を走るライダーたちに追いつくことができない。トラックは滑り、バイクが大きく動いてしまったから、コントロールが難しかった。ダニロ・ペトルッチのペースについて行きたかったけど、できなかった。」

「ドゥカティの助言に耳を傾け、フィーリングを少しずつ良くしている。まだバイクに順応しているところだから、まだサスペンションを調整していない。来週もう一度レースができることが嬉しい。改善と経験、そして、明白な目標の設定に向けて役に立つ。電子制御を幾つか調整しよう。現時点で最も難しいことはブレーキング。正しい角度での止まり方が必要だ。良い仕事ができるのか、チームと一緒に良い仕事ができるのか楽しみ」と、緒戦を反省し、課題を説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースをンデマンドで配信。