Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「先週と比較すれば、バイクは良い感じ」

前戦の困難な状況を一蹴するように快適さとペースが改善され、38秒台を12回記録。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第3戦アンダルシアGPのフリー走行1で2番手。フリー走行2は、2度のコースインで23ラップを周回すると、1分38秒台を12回記録して8番手。初日はトップタイムから0.142秒差の初日2番手に進出した。

「ポジティブな金曜だ。バイクのセッティングを幾つか変更して、良い感じがあった。より快適さを感じ、良い手段で走らせることができ、ペースが良くなった。午前はすごく良かった。午後は気温が上昇して、少し苦しんだけど、それほど悪くなかった。中古タイヤでグッドなペースを維持することができた。」

「非常に速いライダーが多いことから、簡単に行かないけど、僕たちのペースは悪くない。いつものように、明日の午前は重要になるだろう。トップ10を維持するために、正しいラップタイムをマークするには正しい場所を見つけることが重要だ。」

「トライしよう。先週と比較すれば、バイクは良い感じ。幾つかのコーナーでは最高ではないから、仕事が必要だけど、今日はポジティブな1日になった」と、前戦スペインGPからの大幅な改善に手応え掴んだことを語った。

「良い感じ、ペースが良くなった」

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信。

推奨記事