Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Pramac Racing

「不満を言うことはできない」

前戦で7位発進を決めた後、自己最高位に向けて快走中に白煙を吹き上げてリタイア。

プラマック・レーシングフランチェスコ・バグナイアは、第3戦アンダルシアGPの決勝レースで3番グリッドから2番手走行中の19ラップ目にドゥカティ機から白煙が吹き上げたことからリタイア。総合7位から12位に後退した。

「今回のような週末の後で不満を言うことはできない。僕たちはとても良い仕事をした。速く、本当に戦闘力があった。技術的な問題により、レースを終わらせることができなかったのは座年だけど、ブルノには、今まで以上に強くなって乗り込むつもりだ」と、昨年12位だったチェコGPに向けて気持ちを切り替えた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを含めた全セッションを完全網羅のオンデマンドで配信。

推奨記事