Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Repsol Honda Team

「困難を乗り越える勇気、そして最大限にトライする精神力」

チームマネージャーのプーチがマルケス兄の行為に称賛、マルケス弟の成長と学習に好評価。

レプソル・ホンダ・チームのチームマネージャー、アルベルト・プーチは、第3戦アンダルシアGPの決勝レース後、右上腕骨骨折から6日後に復帰したマルク・マルケスとデビュー戦の12位から8位に浮上したアレックス・マルケスの週末を評価。2週間後にブルノ・サーキットで開催される第4戦チェコGPに期待を抱いた。

「戦略は期待していたように進みませんでした。マルク・マルケスはケガを抱えた状態でサーキットに到着し、メディカルチェックの後で試すことを望みましたが、不運にも上腕の痛みがかなり激しかったことから、スットプすることが良いと一緒に決断を下しました。」

「彼は彼自身の身体が訴えることに従いましたが、ホンダの視点からは、快適さを感じていないところで、走ることに対するプレッシャーを与えたことは決してありません。彼がヘレスに来たこと、そして、トライしたことに感謝します。我々は彼に機会を与え、全ての人たちのために最善を尽くしてくれました。」

「我々の新人であるアレックス・マルケスは、大変良い仕事をしました。目標は完走すること、そして、トップとのギャップを縮めることでした。先週のタイム差は27秒。今週は19秒差です。約8秒のタイム差を詰めました。特にコンディションを考慮すれば、これだけタイム差を縮めたことは大きいです。」

「グッドなペースがありましたが、新品タイヤを装着したときのバイクの挙動を理解する必要がありますが、技術面とレース面の視点から、彼はレース毎に学習し、理解していることが大変嬉しいです。転倒しないことが彼の前進に役立ち、バイクに乗る度に速くなっています。」

「ネガティブなことは、マルクの怪我。不運にも、これが現実ですが、人生では前向きに考える必要があります。怪我が悪化する可能性がありました。ポジティブなことは、マルクが困難を乗り越える勇気、そして、最大限にトライする精神力があることです。これは人生で学べることではありません。自分が持っているか、持っていないかです。これは彼と一緒に仕事をする上で高いモチベーションを与えてくれます。」

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを含めた全セッションを完全網羅のオンデマンドで配信。

推奨記事