Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「いつも特別な週末。戦闘的になれるように全力を尽くそう」

24年前に歴史が始まったブルノで史上初となる200回目の表彰台獲得に挑む。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第2戦スペインGPでレッドアラームの警告を受け、最高蜂クラス1年目の2000年以来となる0ポイント発進となったが、第3戦アンダルシアGPで昨年の第3戦アメリカズGP以来18戦ぶりの表彰台となる3位を獲得。

今週末は、キャリア1年目の1996年に初のポールポジションから初優勝を挙げ、最高蜂クラスで最多の5勝を含む11度の表彰台を獲得したアウトモトドローム・ブルノで最高峰クラス100度目、キャリア通算236度目の表彰台を狙う。

「さあ、ブルノだ。僕にとっていつも特別な週末となる。1996年に初優勝を挙げたところ。決して忘れることはできない。通常、雰囲気は最高だけど、残念ながら、ファンなしで走らなければいけない。しかし、それでも、とても美しいサーキットで、本当に好きなトラックだから、家で観戦してくれるファンに素晴らしいショーを提供できるようにトライしよう。」

「前戦の表彰台はグレートなリザルトだ。大きな感動だったから、今週末も戦闘的になれるように100%のプッシュで走り、全力を尽くそう」と、出発前に前戦の再現を目指すことを語った。

過去5年間のリザルト
2019年:7番グリッド/6位
2018年:2番グリッド/4位
2017年:2番グリッド/4位
2016年:6番グリッド/2位
2015年:3番グリッド/3位

VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦チェコGPの全クラス、全セッションを完全網羅の生中継で配信。