Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「中古タイヤを履いて、大きな前進」

新品タイヤに履き替えずに走行したフリー走行4で25秒台を7回、24秒台を4回記録。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第5戦オーストリアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.0087秒差の3番手。第2戦スペインGPから4戦連続、昨年9月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから11戦連続の1列目を獲得した。

初日は10番手と12番手。2日目はフリー走行3で8番手。フリー走行4は、午前中に使用した中古タイヤを再度装着して2度のコースインで18ラップを周回すると、1分25秒台を7回、1分24秒台を4回記録して9番手だった。

「1列目に進出することが非常に重要だったから、達成できてとても嬉しい。僕たちのペースはすごく良いから、明日のレースで何が起きるのか見てみよう。可能な限り最善の手段でマネジメントをして、トップライダーたちとファイトしよう。」

「フリー走行4では中古タイヤを履いて、僕たちは大きな前進を果たしたと思う。そのことが嬉しい。もう少し改善の余地があると思うけど、明日に向けて準備は整っている。トップ3の候補者が沢山いるようだ。とてもおもしろいレースになるかもしれない。昨年は3位でフィニッシュ。オーストリアの表彰台に戻りたい」と、決勝レースの目標を設定した。

「ドゥカティとKTMが...」

VideoPass(ビデオパス)』では、第5戦オーストリアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。