Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Michelin Motorsport

ミシュランがフロントに4タイプを供給

安全面を目的に選択範囲を拡大。リアタイヤのコンパウンドは左右非対称の3タイプ。

オフィシャルタイヤサプライヤーのミシュランは、新型コロナウイルスに感染拡大前にトラックの全面再舗装工事が実施されたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリに対応するため、今週末のサンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPと来週末のエミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPに4タイプのフロントタイヤを供給する。

競技規則により、トラックが舗装された場合に限り選択範囲の拡大が許可されることから、フロントタイヤのコンパンドは、ソフト、ミディアム、ハードの3タイプに加え、6つの左コーナー、10つの右コーナーに対応するために、右側が硬めとなる左右非対称のハードを準備。

リアタイヤは、通常通りに3タイプ。ソフト、ミディアム、ハード共に右側が硬い左右非対称となり、レインタイヤは、フロントにソフトとメディアムの左右対称、リアはソフトとメディアムの左右非対称。

今回の2連戦では、『FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™ワールドカップ)』が開催されることから、開幕戦ヘレス大会と第2戦アンダルシア大会で高いパフォーマンスが証明された新世代タイヤを準備。生体材料とリサイクル材料で製造されたタイヤを再度投入する。

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのプレスカンファレンスから『MotoGP™クラス 』の決勝レースプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信

推奨記事