Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Pramac Racing

「走行中に脚がどう反応するのかを理解する重要な1日だった」

第4戦チェコGPの初日で右膝を骨折から5週間後、2度のセッションで34ラップを周回。

プラマック・レーシングフランチェスコ・バグナイアは、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1で、第4戦チェコGPのフリー走行1で骨折した右膝の回復具合を確認しながら17ラップを周回して18番手。フリー走行2は、3度のコースインで17ラップを周回して17番手、初日総合18番手だった。

「良い1日となり、僕たちはバイクの自信を見つけるために沢山働いた。今日は走行中に脚がどう反応するのかを理解するために非常に重要な1日だったから、自宅で取り組んできたリハビリに大満足。」

「午前は午後よりも苦しまなかったけど、これは普通のこと。午後に中古タイヤでタイムが伸びたことが嬉しい。明日はレースを前にもう一歩前進しよう」と復帰日となった初日を振り返り、2日目に期待を膨らませた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選と決勝レースを生中継で配信