Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「中古タイヤで自分のファステストラップをマーク」

オフィシャルテストで最多周回を走行した後、6ポイント差のポイントリーダーに挑戦。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで今季初の転倒リタイアを喫して、総合2位に後退。

火曜のオフィシャルテストでは、最多の107ラップを周回しトップタイムから0.804秒差の9番手。今週末の第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPでは、6ポイント差のポイントリーダーに挑戦する。

「ポジティブなテストだった。タフな週末だった後、バイクに戻れて良い感じ。ペースの仕事に取り組んで、23ラップ、24ラップを周回した中古タイヤで自分のファステストラップをマークしたことが本当に嬉しい。沢山のことにトライして、僕のクルーはデータを検証する必要があり、全ては今週末に向けて良いこと。」

「最初の走行では、標準型のヘッドセットを試した。不思議な感じだけど、OK。チームとのコミュニケーションではなく、安全面のためだけの使用となることを願う。」

「テストの全てが最高だった。自分たちの弱点を知っている。初日の前にはさらに改善できると思う。グッドな週末になるだろう」と、収集したデータを参考に弱点を克服し、ポイントリーダーの奪回に挑む週末に向けて期待を語った。

過去のリザルト
2020年:3番グリッド/転倒リタイア
2019年:3番グリッド/2位(MotoGP™クラス)
2018年:4番グリッド/7位(Moto2™クラス)
2017年:10番グリッド/6位(Moto2™クラス)
2016年:18番グリッド/18位(Moto3™クラス)
2015年:負傷欠場(Moto3™クラス)

Ver esta publicación en Instagram

Great run with @jakedixon.96 ????????????????

Una publicación compartida de Fabio Quartararo ???????? (@fabioquartararo20) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPのプレスカンファレンスから『MotoGP™クラス 』の決勝レースプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信