Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「最高の気分!ポールポジション争いに戻りたい」

16ラップのロングランを32秒台のペースで周回。タイムアタックはミディアムタイヤ。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1で今季初めて1番手発進。フリー走行2は、最初のコースインで連続16ラップを実行して、1分32秒台14回記録。新品タイヤに履き替えた最後のコースインで1分31秒台を2回記録して、トップタイムから0.016秒差の3番手、初日総合3番手に進出した。

「正直、今日は最高の気分だ。16ラップのロングランができ、全てのラップを1分32秒台のペースで走った。これは本当にポジティブ。僕たちのペースは良い感じ。先週末からセッティングを少し変更して、バイクの感触が少し良くなった。まだ幾つかの分野で改善も余地があるけど、明日が本当に楽しみ。」

「ミディアムタイヤを履いて、タイムアタックにトライ。ソフトタイヤを履けば、もう少し速く走れると思うけど、このタイヤでコンマ1秒以内だった。スタート練習も嬉しい。」

「ペースは最高。これが本当に重要で、明日と日曜が楽しみ。ポールポジション争いに戻りたい。先週末よりも強さを感じる」と、会心の初日となったことを説明した。

「ロングラップのペースは良かった」

Ver esta publicación en Instagram

Friday at Misano ???????????? Working on the pace

Una publicación compartida de Fabio Quartararo ???????? (@fabioquartararo20) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選と決勝レースを生中継で配信