Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

フリー走行1:総合8位フェルナンデェスが12度目の1時計

アレナス8番手、佐々木10番手、小椋12番手、鳥羽13番手、マックフィー20番手、鈴木24番手。

第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPフリー走行1は18日、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで行われ、総合8位のラウール・フェルナンデェスが今季12度目のトップタイムをマーク。第3戦アンダルシアGP、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPに続き、今季3度目となる週末最初のセッションを制した。

気温24度、路面温度23度のドライコンディションの中、総合11位のジェリミー・アルコバは、0.164秒差の2番手。10分間の走行停止ペナルティが受けたが、今季のベストスタートを切り、総合10位のデニス・フォッジアは、0.190秒差の3番手。

総合7位のガブリエル・ロドリゴは4番手。総合13位のアンドレア・ミニョ、総合9位のジャウメ・マシア、総合19位のフィリップ・サラッチ、ポイントリーダーのアルベルト・アレナス、総合12位のダーリン・ビンダーが続き、総合22位の佐々木歩夢は、0.509秒差の10番手。

総合6位のチェレスティーノ・ヴィエッティは11番手。総合2位の小椋藍は、0.586秒差の12番手。総合21位の鳥羽海渡は13番手。総合5位のトニー・アルボリーノは14番手。

前戦で今季初優勝を挙げた総合3位のジョン・マックフィーは、1.016秒差の20番手。総合4位の鈴木竜生は24番手。総合20位の山中琉聖は25番手。國井勇輝は30番手だった。

前戦のフリー走行3で今季初めて低速走行を実施したジェリミー・アルコバ、バリー・バルトゥス、ダーリン・ビンダー、マキシミリアン・コーフラ、ステファノ・ネパ、小椋藍、鈴木竜生、カルロス・タタイの8人は、10分間の走行を停止するペナルティが科せられた。

第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGP『Moto3™クラス』~フリー走行1

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選と決勝レースを生中継で配信