Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

「レースペースに自信。もう一度表彰台に立つために闘おう」

フリー走行4で32秒台を11回記録。4列目から2戦連続3度目の表彰台を狙う。

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選でトップタイムから0.540秒差の11番手。明日の決勝レースを4列目から迎える。

初日は4番手と9番手。2日目は、フリー走行3で5番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロントに中古タイヤ、リアに新品タイヤを装着して18ラップを周回すると、1分32秒台を11回記録して2番手に進出した。

「今日はペースが良くなった。これは良いことだけど、まだファステストラップをセットすることが難しい。1ラップのペースに苦労したけど、グリップが低下し摩擦したタイヤで、良いパフォーマンスを発揮する。」

「バイクに良い感じ。レースディスタンスで上手く走ることができるから、レースペースに自信がある。グリッドの後方からスタートすることは簡単ではないけど、もう一度表彰台に立つために、可能な限り多くのポイントを稼ぐためにファイトしよう」と、4列目から2戦連続の表彰台獲得に挑むことを力強く語った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを生中継で配信

推奨記事