Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「強さを感じる。楽しいレースになるだろう」

レースシミュレーションで32秒台を10回記録した後、2戦連続の1列目を獲得。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選でトップタイムから0.145秒差の3番手。明日の決勝レースを2戦連続6度目の1列目から迎える。

初日は1番手と3番手。2日目はフリー走行3で3番手を維持。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、フロントに中古タイヤ、リアに新品タイヤを装着して16ラップを周回すると、1分32秒台を10回記録して5番手。

「タフな予選となってしまった。バイクの良い感触がなかった。14コーナーでミスを犯してしまったから、驚きだったけど、それでも十分ではなかった。1列目に戻れたことが嬉しい。これが目標だった。ペースは最高だ。」

「フリー走行4で沢山のことを試してみたから、少し難しかったけど、グッドなペースがあることを証明した。強さを感じる。」

「明日は7、8人が優勝を争うことができると思う。グッドなスタートを切ることが重要となるだろう。今週末はスタートの改善に取り組んだ。楽しいレースとなると思う。グッドなリザルトを獲得したい」と、グループによる優勝争いを予想した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを生中継で配信

推奨記事