Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「2つのミスが続いてしまった」

ミサノとバルセロナで連続転倒も、ルマンで戦闘力を取り戻し、結果を追求することを強調。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第9戦カタルーニャGPの決勝レースで1列目3番グリッドから2番手走行中の16ラップ目2コーナーで今季3度目の転倒。2戦連続の転倒リタイア、3度目のリタイアで総合9位から50ポイント差の総合11位に後退した。

「すごく残念。2つのミスが続いてしまった。先週のクラッシュとは大きく違う。ミサノでは、バイクの異なることを試して、技術的に強くなかった。良い感じがなく、土曜と日曜は僕自身の体調が100%ではなかった。今週末は違う。常に戦闘力があった。バイクは良かった。上手く走れ、プラクティス毎に改善した。これはすごく良いこと。」

「今日は限界だった。ファビオの後ろを走り、離されたくなかった。一緒に走りたかった。左側は常に危険で、特に温度が低く、そこでフロントを失ってしまった。優勝争いができたと思うから残念。表彰台争いは確かで、それが目標だった。」

「今年のスピードは、それほど悪くないけど、結果に関しては、良くしなければいけない。シーズン末までにまだ多くのレースが残っているから、僕たちの目標はルマンから再び戦闘的になること。チームと一緒にガレージで上手く働くこと。そして、トップに向けてトライすることだ」と、転倒に意気消沈も次戦フランスGPからの巻き返しを誓った。

「優勝、表彰台争いができたと思うから本当に残念」

VideoPass(ビデオパス)』では、第9戦カタルーニャGPの決勝レースをオンデマンドで配信