Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Repsol Honda Team

ブラドルが代役継続でマルケス兄連覇の可能性が消滅

テルエルで復帰しても、5年連続7度目、通算9度目となるタイトル獲得は数字上不可能。

レプソル・ホンダ・チームは13日、第2戦スペインGPの決勝レースで転倒した際に右上腕骨を骨折したマルク・マルケスが今週末にモーターランド・アラゴンで開催される第11戦アラゴンGPに欠場することを発表。

第3戦アンダルシアGPから9戦連続の欠場となり、仮に来週末の第12戦テルエルGPに復帰して残り4戦で全勝しても、現時点で総合1位のファビオ・クアルタラロ(115ポイント)と総合2位のジョアン・ミル(105ポイント)を上回ることができず、5年連続7度目、通算9度目となるタイトル獲得の可能性は消滅。

ホンダ、そして、チームとしては、5年連続26度目のコンストラクター部門と4年連続11度目のチーム部門のタイトル連覇、4年連続10度目のトリプルクラウンは、数字上まだ可能性が残されている。

欠場するマルケス兄の代役を務めるテストライダー、ステファン・ブラドルは、最終戦ポルトガルGPの開催地、ポルティマオ・サーキットで開催された2日間のテストに参加した後、ウェットコンディションとなった前戦フランスGPのフリー走行1をキャンセルしながら、決勝レースでは、タイトルを争うファビオ・クアルタラロ、ジョアン・ミル、マーベリック・ビニャーレスを抑え、ホンダのテストライダーに就任した2018年から最高位となる8位に進出。今週末も代役を継続する。

「レプソル・ホンダと共に継続参戦できることが嬉しいけど、マルクが順調に回復することを願う。ポイント圏内でフィニッシュしたことで、エクストラなモチベーションを与えてくれる。アラゴンは多種多様なトラック。困難な箇所があるけど、特に気温が低くなれば難しくなることから、走り出しでは、タイヤの右側に気をつけなければいけない。目標は可能な限りのベストリザルトをチームにもたらすことだ」と、2016年以来となる当地でレースに向けて抱負を語った。

Ver esta publicación en Instagram

New Monday, new week, same goals!????????

Una publicación compartida de Marc Márquez (@marcmarquez93) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPの開催前日プレスカンファレンスから決勝レース後のプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信