Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

ロッシが今週末のアラゴンGPを欠場

15日の朝に微熱が出たことから医師を呼び、検査結果、新型コロナウイルスの感染を確認。

ヤマハ発動機ヤマハ・モーター・レーシングは15日、バレンティーノ・ロッシが今週末にモーターランド・アラゴンで開催される第11戦アラゴンGPに欠場することを発表。欠場の原因は新型コロナウイルスの感染。

10月11日(日):ロッシは第10戦フランスGPの開催地ルマンを離れ、イタリア・タヴッリアの自宅に帰宅。

10月13日(火):グランプリ間に義務付けられている通常のPCR検査を受け、翌日に出た結果は陰性。

10月14日(水):感染の症状や不便なことはなく、健康と感じていることから自宅でトレーニング。

10月15日(木):起床時に少し痛みを感じ、微熱があったことから医師に連絡を取り、2つの検査を実施。
最初のPCRクイックテストでは陰性。
標準PCRテストでは16時00分に陽性反応。

10月11日の夜から15日まで自宅に滞在。その期間、VR46・ライダーズ・アカデミーやVR46のスタッフ、モンスターエナジー・ヤマハのスタッフたちを含め、第11戦アラゴンGPに参加する誰とも接触していないことを確認。

ロッシの体調は、タヴッリアの医師により綿密に監視され、今後のイベント参加に関しては、状況を毎日検証する。

バレンティーノ・ロッシ
「残念なことに今朝、目が覚めたら、気分はあまり良くなかった。骨が痛く、少し熱もあったことから、直ぐに医師を呼んで、2つの検査をしてもらった。火曜に受けた同じクイックテストの結果は陰性だったけど、2度目の検査結果を16時00分に送ってもらい、残念なことに陽性だった。」

「アラゴンでのレースを欠場することになり、とてもがっかり。楽観的で自信があったけど、アラゴンでの2戦目も行かないだろう。プロトコルを尊重して全てに取り組んできたから悲しいし怒りを覚える。火曜の検査では陰性だったけど、ルマンから帰国してからは自己隔離をしていた。とにかく、これが現状。状況を変えることはできない。医師の助言に従う。早期回復を願う。」

リン・ジャービス(マネージングディレクター)
「これはバレンティーノにとって大変悪いニュースです。モンスターエナジー・ヤマハにとって、世界中の全てのファンにとっても大変悪いニュースです。何よりもまず、彼がこれからの数日間あまり苦しまずに、可能な限り短期間で完治することを願います。」

「幸いに無症状でしたが、1人のメンバーに陽性反応が出て、ルマンでのレースにプロジェクトリーダーの鷲見さんと5人のエンジニアたちが欠場したことから、我々のオペレーションにとって2度目の打撃です。この2つのインシデントは、どれほど注意を払っていても、現状のヨーロッパにおける感染者数の増加を見るように、リスクが常に存在することを我々に思い出せます。」

「我々はイタリアの保険当局と確認し、月曜日までに、バレンティーノと接触していた我々のチームのメンバーは直接的なリスクから除外されるとアドバイスを受けました。それでも、将来の問題の可能性を最小限に抑えるために、今後はさらに注意を払います。」

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPのフリー走行1からの決勝レースのプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信

推奨記事