Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「リズムは最高ではないけど、良かった」

午前に昨年の6回に接近する5回目の転倒を喫した後、午後に最速ペースで周回。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは第11戦アラゴンGPのフリー走行1で今季5度目の転倒を喫して3番手。フリー走行2は、3度のコースインで最多の20ラップを周回すると、1分49秒台を最多の9回、1分48秒台を3回記録して、0.249秒差の2番手に浮上した。

「容易な1日ではなかったけど、とてもポジティブ。フリー走行1でストレンジなクラッシュをしてしまった。まだ何が起こったのか確かではないけど、フリー走行2は最高だった。明日はリアに柔らかいタイヤを履いて、周回を重ねる必要があるようだ。リズムは最高ではないけど、良かったことから、レースに向けて、グッドなオプションになるかもしれない。」

「全体的にポジティブな1日となった。午前はそうでもなかったけど、午後にはフロントタイヤのフィーリングが最高だったことがとても嬉しい。明日の午後はこのリズムを失わないことが重要だけど、レースに向けてきちんと準備をすることが重要だ」と、初日を分析し、2日目の課題を説明した。

「もう少し上手く走れる思っていたけど...」

第11戦アラゴンGP『MotoGP™クラス』~クラッシュ

Ver esta publicación en Instagram

Friday in Aragon ????????☃️????

Una publicación compartida de Fabio Quartararo ???????? (@fabioquartararo20) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信