Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

スチュワードパネルが軽量級の制裁更新を発表

低速走行の続発により、ロングラップや失格などより強いペナルティを科すことを発表。

FIM MotoGP™ Stewards Panel(スチュワードパネル)』は24日、『Moto3™クラス』において、フリー走行と公式予選で低速走行を実施したライダーたちに対して、走行時間の停止するペナルティを科してきたが、依然として、低速走行を繰り返し、与えられたガイダンスに従わないチーム及びライダーが多く、これまでに28人が複数の違反を犯したことから、低速走行に対する、より強いペナルティを発効し、第12戦テルエルGPから即時施行することを発表。

新たなペナルティの範囲は以下の通り
・ ロングラップ
・ ダブルロングラップ
・ ピットレーンスタート+ロングラップ
・ ピットレーンライドスルー
・ イベント失格

これらのペナルティに関する決定が下されるとき、以前の違反が考慮される。