Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「ギャップが広がったけど、総合2位に接近」

5ポイントしか稼げず、25ポイント差の総合4位から45ポイント差の総合5位に後退。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第13戦ヨーロッパGPの決勝レースで3列目9番グリッドから17.617秒差の11位。残り2戦50ポイントのタイトル争いにおいて、ポイントリーダーから45ポイント差の総合5位に後退した。

「今日の最大の問題はフロントタイヤのプレッシャーだったと思う。集団で走っているとき、プレッシャーに問題があることに気づいて、思うようにファイトできなかった。何とか状況をマネジメントでき、最後は11位でフィニッシュラインを通過することができた。状況を考えれば悪くない。」

「チャンピオンシップのリーダーとのギャップが広がってしまったけど、今週末は総合2位に接近した。当然、最後までチャンピオンシップの可能な限りのベストポジションに向けてファイトするつもりだ」と、11ポイント差から4ポイント差に接近した総合2位に挑戦することを宣言した。

最先端の多視点観戦!『VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦ヨーロッパGPの決勝レースをマルチスクリーンで配信