Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「まだ初日。何かを試さなければいけない」

負のスパイスから抜け出すために、初日は意欲的に走り込んで最多の48ラップを周回。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第14戦バレンシアGPのフリー走行1で最多の24ラップを周回して13番手。フリー走行2は、最多の24ラップを周回してトップタイムから0.749秒差の18番手。初日は総合18番手だった。

「僕は遅れていることから、ポジションは非常に悪いけど、本当に接近している。トップからコンマ7秒差。バイクのフィーリングは良くない。進入時に大きく振られてしまう。十分なシピードがないけど、まだ初日だ。」

「明日は何かを試さなければいけない。フリー走行3でトップ10入りが重要だから、より戦闘的になれることを期待する」と、上位陣から遅れた原因を説明した。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、第14戦バレンシアGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信