Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 hours 前
By Petronas Yamaha SRT

「ベストビクトリー!人生で最高かも」

同じエンジンで3レース連続の7レース目しながら、今季3勝目を挙げて総合2位に浮上。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第14戦バレンシアGPの決勝レースでポールポジションから一貫したラップを刻んで1番手を維持。

最終ラップにジャック・ミラーとの優勝争いに競り勝ち、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP、第13戦テルエルGPに続く、今季3勝目を挙げ、総合5位から2位に浮上した。

「今年のベストビクトリーだった。多分、人生でもベストの1つかもしれない。困難なレースだった。週末を通じて、グッドなポテンシャルがあることを感じていたけど、今日はフロントにハードタイヤを選択したから、ライディングスタイルを少し変えなければいけなかった。懸命にトライしたにも関わらず、思うようにジャックを引き離すことができなかった。接近したら手強い相手になることは予期していた。」

「ラストラップは、お互いに持てる以上のものを発揮した。とてもナイスでクリーンなファイト。ジャックはタフでありながら、バトルでは常にクリーンであるから、彼とのバトルを好む。今日の彼は本当に強かったから、讃えたいと思う。」

「今日の優勝がとても嬉しい。チームに感謝したい。タイトルを獲得したジョアンにも祝福したい。今年は非常に強力な相手だった」と、最高峰クラスで初のポール・トゥ・ウインを飾ったレースを振り返った。

「何かエクストラなことを見つけるために深く掘り下げる必要があった」

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、第14戦バレンシアGPの決勝レースをオンデマンドで配信