Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

決勝レース:ジョアン・ミルが2020年シーズンのチャンピオン!

スズキのライダーとして、ケニー・ロバーツ・ジュニア以来20年ぶりにタイトルを獲得。

第14戦バレンシアGP決勝レース(周回数:27ラップ)は15日、サーキット・リカルド・トルモで行われ、12番グリッドのジョアン・ミルが優勝者から8.703秒差の7位でフィニッシュ。2020年シーズンのチャンピオンに輝いた。

気温22度、路面温度27度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で週末3度目の1番手に進出したポールポジションのフランコ・モルビデッリは、オープニングラップから一貫したラップを刻んで1番手を維持。第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP、第13戦テルエルGPに続く、今季3勝目を挙げ、総合5位から2位に浮上した。

2番グリッドのジャック・ミラーは、最終ラップにモルビデッリと捉え、フィニッシュラインまで今季初優勝に向けてチャレンジ。0.093秒差の2位でゴールして、第6戦スティリアGP以来8戦ぶり3度目の表彰台を獲得すれば、5番グリッドのポル・エスパルガロは、3.006秒差の3位に入り、2戦連続5度目の表彰台を獲得。

14番グリッドのアレックス・リンスは、スタートダッシュを決めて7番手に浮上。3.697秒差の4位でフィニッシュすれば、9番グリッドのブラッド・ビンダーは5位。10番グリッドのミゲール・オリベイラは6位。

17番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは8位。7番グリッドのアレイシ・エスパルガロと6番グリッドのマーベリック・ビニャーレスがトップ10。8番グリッドのフランチェスコ・バグナイアは11番手。

16番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、19.717秒差の12位。13番グリッドのカル・クラッチローは13位。

11番グリッドのファビオ・クアルタラロは、1ラップ目の2コーナーでオーバーラン。最後尾21番手から17番手まで挽回した9ラップ目の6コーナーで今季8度目の転倒。4番グリッドのヨハン・ザルコは、6番手走行中の6ラップ目1コーナーで今季14度目の転倒。

3番グリッドの中上貴晶は、19ラップ目の最終コーナーで3番手に浮上した瞬間に今季7度目の転倒。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのミルが9ポイントを加算。タイトル獲得に成功すれば、総合5位のモルビデッリは45ポイント差から29ポイント差に接近し総合2位に浮上。総合3位のリンスは33ポイント差の3位を維持。総合2位のクアルタラロは、46ポイント差の5位に後退した。

第14戦バレンシアGP『MotoGP™クラス』~決勝レース

第14戦バレンシアGP『MotoGP™クラス』~パルクフェルメインタビュー

第14戦バレンシアGP『MotoGP™クラス』~クラッシュ

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、第14戦バレンシアGPの決勝レースをオンデマンドで配信