Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By LCR Honda CASTROL

「これからは若手に託す、観戦を楽しみたい」

スーパースポーツ世界選手権のタイトルを獲得したサーキットでラストレースを飾る。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、キャリア通算168戦目となった最終戦ポルトガルGPの決勝レースで2列目4番グリッドから2戦連続の13位。左手の舟状骨折、右前腕の腕上がり症状、右肩の靭帯損傷という厳しいシーズンを総合18位でフィニッシュした。

「最初に、この6年間所属したチームに感謝したい。僕たちは素晴らしい時期を一緒に過ごした。今年は計画通りにものごとが進まなかったことは明白だけど、僕のキャリアの中で、このチームと最も長く一緒に過ごし、彼らと一緒にキャリアを終わらせることができて良かった。」

「今週末も全力を尽くした。セッションでは何度かトップに立ち、レースでもトライした。不運なことに、ペースをプッシュし続けることができるリアタイヤではなかったけど、トライしたこと、レースを終わらせたことが嬉しい。シーズンを終わらせ、フルタイムライダーとしてのキャリアを締め括れたことを嬉しく思う。この決断は今年の早い時期に下した。」

「これからは遠くからレースを観ることを楽しみたい。当然、まだ来年の役割を果たすけど、今後はレース観戦を楽しみたい。エキサイティングだろう。これからは若手に託し、彼らは全力を尽くしてくれるだろう。彼ら全員のベストを願う」と、清々しい表情でレギュラーライダーとしてのラストレースを振り返り、後輩ライダーたちの活躍を願った。

レギュラーライダーとしての活動に一旦終止符を打った35歳の英国人ライダーは、来季ヤマハのテストライダーに就任。開発プログラムに沿って、オフィシャルテスト及びプライベートテストに参加し、テストプログラムで成果が期待できる場合やレギュラーライダーが欠場する場合には、ワイルドカードや代役として参戦する可能性がある。

「僕はとても幸せ」

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦ポルトガルGPの決勝レースと年間表彰式をオンデマンドで配信