Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Team Suzuki Ecstar

ダビデ・ブリビオがスズキから離脱

復帰6年目で二冠達成に貢献したチームマネージャーが新たな挑戦に臨むことを決断。

Tags MotoGP, 2021

チーム・スズキ・エクスターは7日、2013年にスズキのプロジェクトを立ち上げたときから、チームマネージャーを務めていたダビデ・ブリビオとの協力関係を終えることを発表した。

8年間に渡ってチームを先導したブリビオは、「突然、プロフェッショナルな新たな挑戦と機会が訪れ、最終的にそれを受け入れることを決断しました。難しい決断でした。最も難しかったことは、スズキがチャンピオンシップに復活するときに、このプロジェクトを一緒に開始した素晴らしい人たちと別れることです。長い年月を通じて、このグレートなチームを作り上げるために関わった全ての人たちと別れることは辛いです。この視点から見れば悲しい気持ちになりますが、同時に、この新しい挑戦に向けてモチベーションが高いことを感じています。スズキとの間で契約を更新すべきか、全く新しい経験を始めるべきかを決める必要があるときに鍵となりました。」

「タイトルの獲得は、スズキのヒストリーブックに刻まれ、私の人生の思い出として特別な場所に残ります。私を最初から信頼してくれたスズキの経営陣に心から感謝します。MotoGPグループの全てのメンバー、全てのスズキネットワーク、もちろん、この期間に参加してくれたライダー、特に2020年に素晴らしいシーズンに過ごしたジョアン・ミルとアレックス・リンスにも感謝したいです。」

「ジョアンがチャンピオンを獲得したことは、私にとって、そして、この壮大な旅に同行し、懸命に働いた全ての人たちにとって夢の実現でした。チームのベストを願い、将来において、リザルトが良くなることを期待します」と、離脱の理由と感謝の言葉を語った。