Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Sky Sport Italia

「最高峰クラス参戦を検討する時期」

バレンティーノ・ロッシの2022年継続参戦は今シーズンの6戦、7戦後に決断。

Tags MotoGP, 2021

イタリアで生中継を提供する『Sky Sport Italia』は、バレンティーノ・ロッシの友人であり、パーソナルアシスタントと『VR46 Riders Academy』のマネージャーを務めるウーチョことアレッシオ・サルッチのインタビューを紹介。2月16日に42歳の誕生を迎えるロッシの将来に関して、「(2022年の参戦は今シーズンの)レースに大きく依存します。6戦、7戦後、まだ楽しんでいるのか、戦闘力はどうなのかを確認して、そのときに決断を下すことになるでしょう。」

2021年はエスポンソラマ・レーシングとスカイ・レーシング・チーム・VR46がコラボを結成するが、単独チームとして最高峰クラスに参戦する可能性については、「我々のヤングライダーたちは思っていた以上に早く成長し、『MotoGP™クラス』にチームを結成することを検討する時期が来ました。道のりは長く、資金面の観点からも前進することが重要であり、根本となる数ヶ月に直面しています。」

「どのバイクと共に『MotoGP™クラス』に行くことになるのか分かりませんが、誰もが知っている通り、我々のハートはヤマハにあります」と、将来に向けて検討が始まっていることを明かした。