Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

中量級からの昇格組みが興奮のテストデビュー

23歳のバスティアニーニ、マリーニ、マルティンがカタールでドゥカティ機を初騎乗。

アビンティア・エスポンソラマのエネア・バスティアニーニ、スカイ・VR46・アビンティアのルカ・マリーニ、プラマック・レーシングのホルヘ・マルティンは5日、最高峰クラスのデビュー戦となる開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されたシェイクダウンテストに参加。テストデビューを飾った。

1997年12月30日生まれのバスティアニーニは、35ラップを周回して新人勢の最高位となる4番手に進出。「とても嬉しい。すごく楽しかった。バイクがすごく速いことを予想していたけど、それほどでもなかった。ギアチェンジとブレーキングは大きな驚き。とてもポジティブな体験となったからとても嬉しい。明日の走行が待ち切れない。」

「パワーがあることから走行ラインを大幅に変更する。バイクに順応するために時間が必要だった。決定的に電子制御の仕事が必要。素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。」

1997年8月10日生まれのマリーニは、33ラップを周回して8番手。「信じられないポテンシャルだ。それは期待していたけど、非常に特別だった。自信を掴むためにライディングフォームに集中しながら、幾つかの周回を重ねた。ブレーキングは非常に驚きだった。カーボンブレーキは、今までに使用してきたブレーキとは違うことから、完全に快適ではない。この意味でライディングスタイルの仕事が必要だ。」

「今日はハンドルバー、シート、デポジットなど細かいところのポジションを改善した。ドゥカティ機は大きいけど、僕も背が高い。ラップタイムには満足していないけど、明日は次の一歩を踏み出すつもりだ。タフな1日だったけど、体調はすごく良い。ベストラップは初日としてはポジティブ。」

1998年1月29日生まれのマルティンは、3コーナーで転倒を喫したが31ラップを周回して10番手。「すごく嬉しい。ポジティブな1日となり、最初からバイクのグッドなフィーリングがあり、チームともすごく良い感じがあった。信じられないバイク。ポテンシャルはクレイジーだ。すごく楽しかった。最後のラップでバンプに乗ってしまい転んでしまったけど、何も問題ない。明日はもっと上手くやろう。」

中量級から昇格してきた3人は、6日からのオフィシャルテストに参加。テストプログラムを継続する。

シェイクダウンテスト~インタビューコンピレーション

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信