Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Honda Test Team

「3日間のテストは非常に生産的」

シェイクダウンテストから積極的にテスト項目を消化しホンダ勢最高位の総合5番手に進出。

ホンダ・テスト・チームステファン・ブラドルは、レギュラーライダーのラストシーズンだった2016年以来5年ぶりにロサイル・インターナショナル・サーキットを訪れ、ウインターブレイクを返上して12月、1月、2月にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで実行したプライベートテストのテストプログラムを継続。

オフィシャルテスト2日目は、12度のコースインで61ラップを周回すると、1分55秒台を15回、1分54秒台を10回記録。

シェイクダウンテストから3日間で計175ラップを周回し、タイトル奪回に向けて開発を進めるホンダのプロトタイプマシン『RC213V』のデータを収集した。

「今日もポジティブな1日となった。僕たちが取り組んだ仕事に満足。直ぐに改善して、上位陣に匹敵するペースを維持した。これはバイクも僕自身も、ここで良い仕事をしていることを証明する。そのおかげで、ホンダのために多くの作業を完了することが許され、ここまでの3日間は非常に生産的だった。ここでの残り3日間のテストに向けて、短い休暇を楽しもう」と、満足感の浮かべながらテストを総括した。

シェイクダウンテスト:1分55秒614(60ラップ/1番手)
オフィシャルテスト1日目:1分54秒943(54ラップ/2番手)
オフィシャルテスト2日目:1分54秒210(61ラップ/5番手)

テストベストラップ:1分53秒858(2020年マーベリック・ビニャーレス)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップ・レコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信

推奨記事