Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「中古タイヤのフィーリングが良くなった」

オールタイムラップレコードを更新しただけでなく、54秒台を最多の15回記録。

モンスターエナジー・ヤマハファビオ・クアルタラロは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテスト3日目に前回から始めたシャーシの比較テストをはじめ、フロントマッドガードやフロントフォークカバーを検証しながら、10度のコースインで62ラップを周回。

1分54秒台を最多の15回、1分53秒台を1回記録して、非公式ながらオールタイムラップレコードを0.117秒更新。トップタイムから0.080秒差の2番手に進出した。

「ラップがとても嬉しい。ここまでのキャリアにおいて、自分のベストラップの1つだ。今日は沢山のことを試して、ペースに関して最後のランでビックなステップを果たした。」

「全体的にグッドな1日となった。中古タイヤのフィーリングが良くなったことが嬉しい。これが目標だった。レースペースで一歩前進した。2日間のテストが残っている。その準備が出来ている。落ち着いて、仕事を続けたい」と、ラップタイムとペースアップを喜んだ。

オフィシャルテストリザルト
1日目:1分55秒707(69ラップ/15番手)
2日目:1分53秒940(59ラップ/1番手)
3日目:1分53秒263(62ラップ/2番手)

テストベストラップ:1分53秒858(2020年マーベリック・ビニャーレス)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップレコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

オフィシャルテスト~インタビュー

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信