Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 hours 前
By Ducati Lenovo Team

「タイムアタックは改善できる」

ファクトリーチームからのテストデビューで総合5番手進出もさらに上を狙えることを強調。

ドゥカティ・レノボ・チームフランチェスコ・バグナイアは、最高峰クラス3年目のシーズンに挑むため、開幕戦カタールGPの開催地ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された3月6日から2日間、10日から3日間のオフィシャルテストに参加。

ファクトリーチームからのテストデビューで2020年型エンジンを搭載した2021年型プロトタイプマシン『Desmosedici GP21』のセットアップに集中しながら4日目には連続14ラップのロングランを実行。最終日の走行を見送ったが、4日間で202ラップ、9. 1レースに等しい距離を走行して、トップタイムから0.261秒差の総合5番手に進出。テスト日程を終了した。

「僕たちは、この数日間素晴らしい仕事をしたと自信を持って言うことができる。最初からバイクの良いフィーリングがあり、シーズンの緒戦に臨む準備が出来ていると感じる。不運にも最終日は高温と強風、それに砂埃が加わってしまい、トラックに出ることが許されなかったけど、幸運にも昨日のうちにテストプログラムを終了することができた。」

「さあ、週末に集中しなければいけない。レースシミュレーションでは、グッドなペースで走れた。タイムアタックでは、まだ改善できると感じている。レースに向けて、2列目以内からのスタートが重要になるだろう」とファクリーライダーとして初めて臨んだテストを評価し緒戦の課題を説明した。

オフィシャルテストリザルト
1日目:1分55秒572(50ラップ/13番手)
2日目:1分54秒651(48ラップ/9番手)
3日目:1分54秒236(51ラップ/9番手)
4日目:1分53秒444(53ラップ/4番手)
5日目:走行なし

テストベストラップ:1分53秒183(2021年ジャック・ミラー)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップレコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信