Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Honda Test Team

「開幕戦に向けてホンダはグッドなポジションに位置する」

テストライダーとしてテスト計画に沿って開発作業に徹しながらホンダ機の戦闘力を披露。

ホンダ・テスト・チームステファン・ブラドルは、3月5日のシェイクダウンテストから12日のオフィシャルテスト最終日まで計6日間、開幕戦カタールGPの開催地ロサイル・インターナショナル・サーキットでテストプログラムを実行。

10日の転倒で首を痛めたことから、その後の走行をキャンセルしたが、11日にはサーキットに戻り、テストプログラムを再開。6日間で238ラップ、10.8レースに相当する周回数を走り、開発のベースとなるデータとフィードバックをエンジニアたちに提供した。

「今日は残念なことに話すことは多くない。天候と砂が原因であまりコンディションが良くなかったから、何も試すことができなかった。このサーキットで実施した6日間のテストは非常に良かったけど、2度ほど難しい瞬間があった。これは時々起きてしまうこと。」

「僕たちはテストプランに従って仕事を進め、エンジニアたちは検証に必要な多くのデータを入手した。バイクは良く機能することから喜べる。開幕戦に向けてホンダはグッドなポジションに位置していると思う」とテストライダーとしての役割を果たしたことを説明した。

シェイクダウンテスト:1分55秒614(60ラップ/1番手)
オフィシャルテスト1日目:1分54秒943(54ラップ/2番手)
オフィシャルテスト2日目:1分54秒210(61ラップ/5番手)
オフィシャルテスト3日目:1分55秒279(15ラップ/16番手)
オフィシャルテスト4日目:1分54秒427(45ラップ/13番手)
オフィシャルテスト5日目:1分59秒432(3ラップ/2番手)

テストベストラップ:1分53秒183(2021年ジャック・ミラー)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップレコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信

推奨記事