Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Tech3 KTM Factory Racing

「タイムは最高ではないけど大幅に改善」

最高峰クラス2年目の飛躍に向けて、ライディングスタイルと走行ラインの改善に集中。

テック3・KTM・ファクトリー・レーシングイケル・レクオナは、最高峰クラス2年目に向けて開幕戦カタールGPの開催地ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された3月6日から2日間、10日から3日間のオフィシャルテストに参加。

ラップタイムを意識せず、ライディングスタイルと走行ラインの改善に取り組みながら、4日間で180ラップ、8.1レースに相当する距離を周回。2度の転倒を喫して、トップタイムから2.012秒差の総合23番手だった。

「全体的に、この4日間で多くのことを学んだ。ラップタイムは最高ではなかったけど、僕自身が大きく改善した。最終日はロングランとタイムアタックにトライしたかったけど、残念なことに天候が原因で実行できなかった。やるべきことが沢山ある。グランプリの週末に幾つかのことを比較する必要があるけど、トップ10に近づくために初日に改善ができる」と前向きな姿勢を崩さなかった。

オフィシャルテストリザルト
1日目:1分56秒920(55ラップ/22番手)
2日目:1分55秒873(38ラップ/23番手)
3日目:1分55秒315(47ラップ/21番手)
4日目:1分55秒195(40ラップ/22番手)
5日目:走行なし

テストベストラップ:1分53秒183(2021年ジャック・ミラー)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップレコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信