Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

「壁にぶつかってしまったような感じ」

KTMが過去好結果を残していない中東のトラックで最高位の総合16番手。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングミゲール・オリベイラは、最高峰クラス3年目に向けて、開幕戦カタールGPの開催地ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された3月6日から2日間、10日から3日間のオフィシャルテストに参加。

サテライトチームからファクトリーチームに昇格して最初のテストで212ラップを周回。1年前に当地で開催されたオフィシャルテストで記録したベストラップ(1分55秒008)を更新して、トップタイムから1.322秒差の総合16番手だった。

「正直なところ、非常にプロフェッショナルなスタッフたちが集まったグループと一緒にすることは大変幸せなことだと言わなければいけない。チーム間の移行であり、より多くの役割を担う人たちが多く、ライダーとして尊重されていると感じる。」

「良い仕事して、必要なことを全て試し、グッドなラップを刻もうと全力を尽くした。最終日にはもう少し速く走りたかった。」

「バイクの上ですごく良い感触があったけど、残念なことに、フィーリングがラップタイムに反映されなかった。上位陣から離されている。確かに、ここカタールで少し苦しんでいるようだ。」

「僕たちは解決策を見つけ、このパッケージから最大限のものを引き出そうと可能なことを全て尽くした。全体的なフィーリングとしては、壁にぶつかってしまったような感じ。何をしようとしても全く同じだった。多少の改善ができるけど、それだけでは十分ではない。」

「変更する度に改善することは少し難しいから、現時点は少し難しい。僕たちは決して諦めない。幾つかのパーツを試した。セットアップだけに集中することは簡単だけど、ここでは少しエキストラな仕事に取り組む」とファクトリーチームからのテストデビューを総括した。

オフィシャルテストリザルト
1日目:1分55秒084(59ラップ/5番手)
2日目:1分54秒666(47ラップ/11番手)
3日目:1分55秒526(58ラップ/12番手)
4日目:1分54秒735(48ラップ/18番手)
5日目:走行なし

テストベストラップ:1分53秒183(2021年ジャック・ミラー)
ベストレースラップ:1分54秒927(2016年ホルヘ・ロレンソ)
オールタイムラップレコード:1分53秒380(2019年マルク・マルケス)

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、オフィシャルテストのビデオコンテンツの配信だけでなく、開幕戦カタールGPから3クラス全戦全セッションを完全網羅の生中継で配信