Tickets purchase
VideoPass purchase
News
28 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

「現実を受け入れなければいけない」

チームメイトのミゲール・オリベイラと同様にフロントタイヤに問題を抱えながら完走。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングブラッド・ビンダーは、最高峰クラス15戦目、キャリア通算160戦目となった開幕戦カタールGPの決勝レースで7列目19番グリッドから14.100秒差の14位。

オフィシャルテストの総合17番手から順位を上げたが、昨年のデビュー戦のようなセンセーショナルなパフォーマンスが週末を通じて一度も発揮されなかった。

「シーズンのスタートが始まったことは良かったけど、僕たちが望んでいたところに近づくことができなかった。チームと僕は、もっと多くのことを望んでいたことは確かだけど、現実を受け入れなければいけない。このサーキットでやるべき仕事がある。」

「レース前半は戦闘的になれると考えていたけど、レース半分の距離でフロントタイヤが完全に終わってしまった。確実にバイクをガレージに持ち帰るか、フロントを失うかのどちらかのケースだった。厳しかったけど、今は緒戦のデータがあるから、前に進むことができるだろう」とチームメイトと同調するように困難な状況にあったことを説明した。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、開幕戦カタールGPの決勝レースをオンデマンドで配信

推奨記事

motogp.com
フォトギャラリー

4 years ago

フォトギャラリー