Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

フリー走行2:ジャック・ミラーが2戦連続の初日総合1番手

ドゥカティ4機がトップ5に進出。ビニャーレスは9番手、ロッシ14番手、中上転倒で15番手。

第2戦ドーハGPフリー走行2は2日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、フリー走行1で18番手のジャック・ミラーが今季2度目のトップタイムをマーク。開幕戦カタールGPから2戦連続して初日総合1番手に進出した。

気温26度、路面温度30度のドライコンディションの中、フリー走行1で20番手のフランチェスコ・バグナイアは0.313秒差の2番手。2戦連続して初日総合2番手に進出すれば、フリー走行1で今季2度目の転倒を喫して22番手だったヨハン・ザルコは0.392秒差の3番手に浮上。

フリー走行1で7番手のファビオ・クアルタラロは0.438秒差の4番手。フリー走行1で4番手のホルヘ・マルティンは新人勢の最高位となる5番手に進出。

週末最初のセッションで1番手発進を決めたアレイシ・エスパルガロは、0.501秒差の6番手。

フリー走行1で2台に技術的な問題が発生して5番手だったフランコ・モルビデリは、2戦連続して初日総合7番手を維持すれば、フリー走行1で2番手のアレックス・リンスは8番手。開幕戦で優勝を挙げたフリー走行1で3番手のマーベリック・ビニャーレスは9番手。フリー走行1で9番手のステファン・ブラドルは、ホンダ勢の最高位となる0.769秒差の10番手に進出。

フリー走行1で15番手のミゲール・オリベイラは11番手。フリー走行1で6番手のダニロ・ペトルッチは12番手。KTM勢が緒戦からパフォーマンスが向上したところを見せれば、フリー走行1で8番手のジョアン・ミルは13番手。

フリー走行1で17番手のバレンティーノ・ロッシは0.967秒差の14番手。

フリー走行1で10番手の中上貴晶は、最後のライムアタックとなった14ラップ目の7コーナーで今季2度目の転倒を喫して0.982秒差の15番手。

フリー走行1で13番手のアレックス・マルケスは、16コーナーで今季2度目の転倒を喫して16番手。フリー走行1で12番手のポル・エスパルガロは1.060秒差の17番手だった。

第2戦ドーハGP『MotoGP™クラス』~フリー走行2

第2戦ドーハGP『MotoGP™クラス』~タイムアタック

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦ドーハGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信