Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

ミシュランが予熱タイヤのアロケーションを説明

ホルヘ・マルティンとエネア・バスティアニーニが予熱タイヤでファステストラップを記録。

ミシュランの二輪部門モータースポーツマネージャー、ピエロ・タラマッソは3日、第2戦ドーハGPの初日終了後、チーム・スズキ・エクスターのジョアン・ミルが言及した予熱タイヤに関して、通常のタイヤアロケーションであり、技術者たちが注意深く看視していることを説明した。

なぜ予熱タイヤが割り当てされるのでしょうか?
「チームに割り当てられながら、使用されなかったタイヤがあります。チームで保管している間にタイヤウォーマーが装着され、約90度に加熱されます。タイヤが使用されなかったことから、我々に返送されますが、後日改めて割り当てされます。」

パフォーマンスに影響を及ぼしますか?
「予熱されたタイヤについては、広範囲に渡ってテストを実施し、タイヤのパフォーマンスに悪影響を及ぼさないことが示されています。我々の技術者たちは、個々のタイヤがタイヤウォーマーで加熱されている時間を注意深く看視し記録します。これにより、最大制限時間に近いところでタイヤがタイヤウォーマーで加熱された状態が続かないように配慮します。この点を強調するため、ホルヘ・マルティンとエネア・バスティアニーニは、予熱されたタイヤでフリー走行2中にファステストラップを記録しました。」

2連戦が開催されるカタールに限った割り当てでしょうか?
「いいえ。しかし、レース前の多くのテストと連続の週末により、それはより明白になりました。」

全てのチームが予熱されたタイヤを割り当てられたのでしょうか?
「全てのチームが同じ本数の予熱されたタイヤを受け取りました。それは、ソフト、ミディアム、ハード、全てのタイプのタイヤです。」

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦ドーハGPから3クラスの全セッションを完全網羅の生中継で配信