Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By motogp.com

「非常に危険なアクションだった」

最終コーナーで発生したジャック・ミラーとの接触を振り返り、カタールでの2連戦を評価。

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、第2戦ドーハGPの決勝レースで3列目9番グリッドから4.868秒差の7位。総合4位から18ポイント差の6位に後退した後、12ラップ目の最終コーナーで発生したジャック・ミラーとのインシデントを振り返り、危険な行為だと批判した。

「10コーナーで起きたことは、ジャックを抜いたということで、僕たちは接触しなかった。非常に接近して、彼の走行ラインを変えさせた。あれは限界だったから、謝罪する意味で足を挙げた。彼は怒っているようだった。自分が思うようなパフォーマンスができないことに対して気に入らないようだ。最後のコーナーで少しワイドになった。戻ったとき、コースの左側に留まった。誰もがはらんだときにそうする。アレイシ・エスパルガロと同じようなアクションがあった。比較することができる。僕は彼に接近したけど、接触はせず、危険ではなかった。」

「ジャック・ミラーとは話しをしていない。意図的だったと思う。チームはこの状況を繰り返さないために、レースディレクションに訴えなければいけないと考えているようだ。当然、検証しなければいけない。あのような行為は、限界を超えている。意図的な行為ならば、故意であれば、罰則に値すると思う。そうでなければ、罰則はないけど、完璧な動作だったと思う。」

「非常に危険なアクションだった。ストレートで後方から多くのライダーたちが迫っていた。考えたくもない。限界を超えていた。レースディレクション、僕たちを招集しなければいけない。全てを説明するつもりだ。彼らが判決を下すけど、僕の意見はハッキリしている。」

「怒りだけ。僕たちはレースをする。時々、熱くなっているところで決断を下し、それが合法性を超えてしまうことがある。ジャックと話したい。何が頭を過ったのか知りたい。僕が3回も接触したから怒っているようだけど、いつ接触したのか教えてもらいたい。10コーナー以外で、彼と絡むことはなかった。序盤に抜いただけ。憤慨ではなく、怒りだけ。」

「3回の接触と言うけど...覚えていないから説明してほしい。6コーナーの進入でファビオ・クアルタラロがバイクを起こす必要があり、そこでフロントをブロックさせ、直進しなければいけなかったけど、僕は誰にも接触していない。序盤のアクションであり、ポジションを取らなければいけない。彼があそこでオーバーテイクをするのは最善な決断ではないけど、あれはレースアクション。」

「あの行為の後、終盤に再会した。どうなるのか分からなかった。彼は遅かった。何度も塞がれてしまったけど、問題なく、1.5メートルの余裕を持って、怖がらずに抜いた。」

「疑いなく、僕のキャリアで最もクレイジーなレースの1つだった。」

「この2戦の全体的な評価はポジティブ。2戦とも戦闘力があった。緒戦はエンジンに苦しんだ。2戦目は全てのことが起こってしまい、僕に対して有益なことは何もなかった。今日はバイクが全く反応しなかった。何度も挽回しなければいけなかった。あのときまで、レースを非常に上手くコントロールしていた。終盤にアタックを仕掛けるために、タイヤを温存していたけど、多くのライダーたちに抜かれてしまい、何もすることができなかった。」

「あのときまで、パフォーマンスが良く、コントロールしていた。先週末のような感覚はなく、ストレートで誰も抜くことができず、多くのポジションを失った。何が起こったのか、何が問題だったのか分からない。優勝争いができなかったけど、あれがなかったら、表彰台に接近できただろう」とジャック・ミラーとの接触を振り返った後、レースを評価した。

ジョアン・ミルとジャック・ミラーの見解

ジョアン・ミルとジャック・ミラーの接触

VideoPass(ビデオパス)』なら『いつでも、どこでも、観たいとき』に視聴が可能。第2戦ドーハGPの決勝レースをオンデマンドで配信中!