Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「トップ3に可能な限り接近したい」

本来のパフォーマンスを取り戻し、昨年技術的な問題で逃した表彰台獲得に挑戦

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデリは、厳しい状況だったカタールでの2連戦後、第3戦ポルトガルGPで5番グリッドから4位。本来のパフォーマンスに取り戻すと、今週末は昨年の2連戦で6.8秒差の5位、3位争い中にエンジンの問題が原因でリタイアを強いられたヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで44ポイント差に広がったポイントリーダーとのギャップを詰めに行く。

「ヘレスのトラックは本当にナイス。僕は速く走れていた。昨年は両方のレースで表彰台に近かったから、今年もそうしたい。今年は競争がより厳しく、レベルは非常に高いけど、トップ3に可能な限り接近するために全力を尽くそう。」

「マネジメントができるかを見極める必要がある。サーキットと他のライダーたちを前に反応を起こすための準備が必要だけど、最大限の能力を発揮し、可能な限りベストになるための準備ができている」と表彰台争いに挑戦することを力強く語った。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦スペインGPの3クラス全セッションを完全網羅の生中継で配信