Tickets purchase
VideoPass purchase
News
16 hours 前
By Petronas Yamaha SRT

「レースペースはワンラップよりも良い」

初日総合:カタール9番手、ドーハ14番手、ポルトガル15番手、スペイン21番手

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームバレンティーノ・ロッシは、第4戦スペインGPのフリー走行1で20番手。フリー走行2は21番手。トップタイムから1.489秒差の初日総合21番手だった。

「過去、ヘレスはいつも僕にとってグッドなトラック。すごく良い思い出がある。不運なことに今日は非常に難しかった。りアグリップ、特にソフトタイヤの問題に苦しんだ。暖かくなった午後のトラックコンディションは少しグリップを与えてくれ、結果として、少しだけ良くなった。レースペースはワンラップペースよりも良いと思う。ソフトタイヤに苦しむ。」

「もっと上位に進出できたけど、最終ラップにグリーンゾーンに触れてしまい、キャンセルされてしまった。今日はものごとの改善するためにセッティングの仕事に取り組んだけど、フィーリングが似ていた。フリー走行3でトップ10以内に進出することが重要だから、明日は幾つかのことを試し、良くなるようにトライしよう。通常、トラックは日々改善されることから、何が起こるのか見てみよう」と低迷した原因を説明した。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦スペインGPの3クラス全セッションを完全網羅の生中継で配信

推奨記事