Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By motogp.com

「特に失っているのは...原因の理解が必要」

2度の転倒を克服して連続完走した後、ホンダ機を分析。水曜にメディカルチェックを予定

レプソル・ホンダ・チームマルク・マルケスは、第4戦スペインGPの決勝レースで5列目14番グリッドから10.494秒差の9位。2列目6番グリッドからスタートした復帰戦ポルトガルGPの13.208秒差の7位を上回れなかったが、フリー走行3とウォームアップ走行の転倒を克服して、2戦連続の完走を果たした。

「今日はもっと前に行きたかった。当然、望む結果ではなかったけど、喜ばなければいけない。ポルティマオでは13秒差、ヘレスでは10秒差。前戦と同じようにレース中盤までは強さを感じたけど、序盤と終盤にタイムをロスした。14番グリッドからスタートすると序盤で大きく時間を失ってしまう。昨日話したように、序盤と全てのラップで速く走るようにトライした。マーベリック・ビニャーレスとジョアン・ミルがレース中に最も速かったとき、あのタイムで走れたけど、体調が低下し始め、残り8ラップで諦めた。」

「全体的に前戦と比較して大きな前進を果たしたことが嬉しい。バイクをより理解することができ、作業が必要なところを感じ始めた。今夜、明日テストをするかしないかを決める。重要なのは、走ることができるなら、チームと一緒に全ての理解を続けるために何ラップか走ること。ベストな週末ではなかったけど、重要な一歩を果たした。素晴らしい仕事をしてくれたレプソル・ホンダと僕のクルーたちに感謝したい。」

「ステファン・ブラドルとポル・エスパルガロ、ヨハン・ザルコを追走する機会があり、僕たちが特に失っているのは、出口の真ん中。通常、速く一貫して走ることを望むなら、そこで強くならなければいけないけど、大きく失っている。原因を理解しなければいけない。全てのデータを分析している。明日は重要だ。朝、良い感じで起きたら、何周かして、幾つか優先的なことを試そう。多くの周回数は必要ない。質の高いラップだけ。」

「これから物事を試し、方向性を見つける状態にある。確かに幾つかの分野で多くを失っている。懸命に働く必要がある。最高の状態ではないけど、ホンダは懸命に働き、新しいアイテムを投入している。最も重要なことは、ライダーのフィーリングとチームの方向性を失わないこと。上手くマネジメントしなければいけない。これから物事を試す。昨年何をしたのかを見直し、何があり、何か起こっているのかを確認すること。そして、バランスを見つけることにトライしよう。思うようにバイクを走らせるようになったと感じるけど、バランスが取れていない。セットアップも。迷わずに、ステップ・バイ・ステップで仕事をするときだ。」

 「明日、良い体調で起床したら、何周がある。数字は言えない。30ラップ、40ラップになるかもしれない。体調を理解する必要がある。ルマン前の最後の走行となるはず。水曜にメディカルチェックを受け、自宅でのトレーニングを強化するかどうか決める。最も重要なことは、今週末は良い感じだった。昨日の転倒で破壊されたような感じだけど、それは腕ではない。首と背中の筋肉だけど、最善の手段で良くなっている」とホンダ機を分析し、改善に向けて作業を開始することを説明した。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーンを提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦スペインGPの決勝レースをオンデマンドで配信