Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Carxpert PrüstelGP

デュパスキエ所属チームからのトリビュートレター

「信じられないほどにナイスで面白く、ヤングライダーたちのロールモデル」と感動的な言葉を共有

親愛なるスポンサーと友人
親愛なるモータースポーツの世界へ

昨日、我々の最愛なるスポーツの最も残酷な側面が我々を襲い、今この瞬間に感じている痛みを書き留めることは難しいです。スイス人ライダーのジェイソン・デュパスキエがムジェロ・サーキットで開催されたイタリアGPの公式予選2でクラッシュした後、人生で最も過酷なバトルに勝つことができなかったため、我々の世界は止まりました。怪我は非常に酷く、若いライダーの死を悼みますが、最初に、彼は素晴らしい人でした。ジェイソンの家族や友人に心から哀悼の意を表します。

彼はいつも信じられないほどナイスで面白い男で、そして、多くのヤングタレントにとってロールモデルでした。これがまさに我々が彼を覚えておきたいことです。 『Moto3™クラス』の夢を実現させた勤勉で敬意するスポーツマンです。ジェイソンは19歳という若さにもかかわらず、我々全員が彼が残した遺産を誇りに思うことができます。

我々は多大な共感と受け取っている全てのメッセージに圧倒されています。今、我々はこの悲しい状況を受け入れて処理する必要があります。我々はジェイソンの使命を継続し、彼のために名誉ある思い出を作るために最善を尽くしています。

ジェイソンと共有した我々の時間について少しお話したいと思います。

2019年オーストリアGPの事後テスト後、ジェイソンの最初の公式的な登場は、2020年1月、ディナモ・ドレスデン・スタジアムのホッケーオープンエアでした。約3.2万人の観衆の前で、ジェイソンはドイツ自動車連盟ザクセンによって可能になった2回の素晴らしいショーランで、凍えるような寒さの中、KTM機に乗り込み、『MotoGP™』の温かい真の雰囲気をもたらしました。ザクセンリンクで開催されるホームグランプリ、ドイツGPの最初のテイストでした。

そして、2020年のカーエキスパート・プルステルGP発表会のため、ザクセンリンクでスポンサーや多数のファンの前で我々と共に出席しました。魅力的なアクセントを持つフレンドリーなスイス人は、信じられないほど前向きなカリスマ性のおかげで、レーシングコミュニティから本当に高く評価されました。彼は直ぐに群衆のお気に入りとなり、我々にとって、それは並外れたパートナーシップの始まりでした。

元モトクロスライダーとして成功したフィリップ・デュパスキエの息子として、彼はガソリンとスピードへの情熱を持って生まれました。 2019年、彼は『レッドブル・ルーキーズ・カップ』と『Moto3™ジュニア世界選手権』に参戦して経験を積みました。

2020年はプルステルGPにとって、スポーツ面で挑戦的なシーズンになると予想されていました。ジェイソンは2020年3月、カタールGPで『Moto3™クラス』のデビューを果たしました。昨年のチームメイトであるバリー・バルトゥスと共に、クラスのベストライダーたちから学び、追いかけるには難しいルーキーシーズンとなりました。

201年は全てが異なりました。冬の数ヶ月間のハードなトレーニングは報われ、2人のライダーは序盤5戦でポイントを獲得し、シーズンのセンセーショナルなスタートを切りました。 我々の2人のライダー、ジェイソン・デュパスキエと山中琉聖と共に興奮に満ちたホームグランプリを楽しみにしていました。

今、我々はジェイソン不在でザクセンリンクに戻らなければなりません。しかし、我々はジェイソンを称え、彼のためにレースがしたいと思っています。ジェイソン・デュパスキエがプルステルGPで過ごした間に与えてくれたものを我々は大変に誇りに思います。彼は一貫してポイント圏内に進出し、大きく成長していました。

今、我々は彼と一緒に、この最後の道を進みます。今日は次に何が起こるかを伝えることはできませんが、一つ確かなことは、ジェイソンにとっては、それが続きます! 『いつも我々の心の中に』。我々の家族であり、ジェイソンは我々の心の中に永遠に残ります。この困難な時期に固執しましょう。

今、我々は彼と一緒に、この最後の道を進みます。今日は次に何が起こるかを伝えることはできませんが、一つ確かなことは、ジェイソンにとっては、それが続きます! 『いつも我々の心の中に』。我々の家族であり、ジェイソンは我々の心の中に永遠に残ります。この困難な時期に固執しましょう。

あなた方の支援とメッセージを心より感謝します。

フロリアン・プルステルとカーエキスパート・プルステルGP

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦イタリアGPの決勝レースをオンデマンドで配信中