Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「本来のスピードを発揮できなかった」

2戦連続16位の後で9位。プラクティスの走りを再現できず、総合9位から10位に後退

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデリは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで2列目5番グリッドから1ラップ目に10番手、2ラップ目には14番手まで後退。プラクティスの走りを再現できずに、転倒車が相次いだことから9位でフィニッシュした。

「もっと期待していたけど、レースでは本来のスピードを発揮できないことに気づき、序盤で数人のライダーたちに抜かれてしまった。その後はグッドなリズムに乗ることができ、最後までバイクの感じは良かった。トップ10は悪くない。そのことに満足。」

「明日はテストがある。新しいタイヤを履く計画があるだけ。もしかしたら、ブレーキの幾つか小さなことが試すかもしれない。次のザクセンリンクでは、僕たちにとって良くなることを願う」と言葉少なく、インタビュールームを後にした。

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦カタルーニャGPの決勝レースをオンデマンドで配信

推奨記事