Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「ポジティブなことを持ち込んで活かしたい」

ルマンで靭帯を損傷した左膝の状態が良くなかったことから、29ラップでテスト終了

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデリは、キャリア通算127戦目、最高峰クラス56戦目となった第7戦カタルーニャGPで9位だった後、オフィシャルテストに参加。第5戦フランスGPで負傷した左膝が完治していないことから、29ラップの周回にとどまったが、フィーリングの改善とオーストリアGPで使用を予定するブレーキディスクのテストを実施して8番手に進出。

今週末は、中量級のタイトルを獲得した2017年に優勝。最高峰クラス1年目は負傷欠場したが、2年目の2019年に9位だったザクセンリンクで4戦ぶりの上位進出を目指す。

「ドイツの週末に持ち込めるカタルーニャGPの金曜と土曜、そしてテストのポジティブなことがある。これらを持ち込んで、活かして、強くなれることを願うけど、当然、向こうに着いたときに何が起こるのかを確認する必要がある。」

「ナイスなトラック。非常にタイトな場所だ。今週末にザクセンリンクに戻れることが楽しみ。実際、中量級で初めて走ったときのことを憶えている。サーキットを知らなかったにも関わらず、レースでは表彰台を争った。サマーブレイク前の2戦に可能な限りベストな手段で立ち向かうことを探している」と出発前までに膝の状態を可能な限り整えて、ドイツ入りすることを説明した。

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦ドイツGPの全セッションを完全網羅の生中継で配信