Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By motogp.com

「問題がどこにあるのか正確に解らない」

初日好発進も午前の転倒後、最高峰クラス113戦目で自己ワーストの予選21番手

モンスターエナジー・ヤマハマーベリック・ビニャーレスは、オフィシャルテストで1番手に進出した後、第8戦ドイツGPのフリー走行1で10番手、フリー走行2で3番手。2017年に4位、2018年に3位、2019年に2位を獲得したグランプリで初日総合3番手発進したが、2日目のフリー走行3で今季3度目の転倒を喫して13番手に後退。

レースシミュレーションとなるフリー走行4は、4度のランを繰り返して12番手。第6戦イタリアGP以来今季2度目となった公式予選1では、トップタイムから0.521秒差の11番手だった。

「僕たちは働いている。多くのことを理解しようと取り組んでいる。前回のレース、前回のテスト、そして今週末。問題がどこにあるのか正確に解らないけど、僕たちは仕事に取り組んでいる。現時点で、それに関して他に何かを言うことは難しい。」

「基本的にコーナースピードを高めようとしている。つまり、旋回に苦労しているということ。明日のウォームアップ走行で作業を続け、改善できるかどうか確認しよう。」

「レースでは、どこでフィニッシュできるのか本当に分からない。情報とフィーリングを収集しよう。レース後、僕たちがどこにいるのか確認しよう。プレッシャーはない。中古タイヤでのリズムは良いから、もしかしたら、残り15ラップで非常に大きくポジションを挽回できるかもしれない」と俯かず、顔をしっかり上げて状況を説明した。

「僕たちは一番下、何を言っていいのか分からない」

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦ドイツGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信